お金借りる即日OKの大手優良カードローン4選

大手キャッシングや街の業者からお金を借りたいけど、怖い、何となく不安という方の為に、大手で安心して利用できる大手業者のカードローン(キャッシング)を5つご紹介します。どれも名前を聞いたことがある有名どころですので安心です。

また、全て最短即日融資が可能ですので、今すぐお金を借りる必要がある人にも重宝します。ぜひ参考にしてください。

プロミス(定番中の定番!最短1時間借入、初めてなら30日間無利息)

プロミスは三井住友銀行グループのキャッシングですので、安心してお金を借りることが出来るのが魅力です。

一番の特徴は、最短1時間で借入が可能な点です。多くのサービスは、最短即日を謳っているのですが、プロミスの場合はそれよりも早く、最短で1時間でお金を借りられますので、お急ぎの方には一番オススメです。

また、プロミスでお金を借りるのが初めての方なら30日間金利が無料になりますので、次のお給料日までに全額返済ができるような少額の借入でしたら、金利は無料になります。

他にも30日間無利息サービスを提供しているところもありますが、それらの多くは契約日や契約の翌日から30日間なのに対して、プロミスは初回借入日から30日間無利息になるので、カードローンの契約をしても、実際にお金を借りなければ無利息期間のカウントダウンはスタートしません。

無利息期間を無駄なく使いきれるという意味でも、非常にお得なサービスといえます。

※30日間無利息で利用するにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

SMBCモビット(申し込みの流れが完結でシンプルなので、スグに申し込めて、即日借入も可能)

SMBCモビットもプロミス同様に三井住友銀行グループの会社なので安心して利用することが出来ます。

SMBCモビットの一番の魅力は、申し込みフローがとてもシンプルですぐに申し込めるという点です。

大抵、申し込みをしようとすると30~40項目程度の質問や入力項目があり、会社の規模や従業員数など、すぐには答えられないような項目もあるのですが、SMBCモビットの場合は、その場で答えられるるような簡単な項目が中心で20項目前後しかないので、すぐに申し込むことが出来ます。

つまり、その分だけ早くお金を借りることができるということです。

いくらキャッシング側の審査が早くても、私たちの申し込みに時間がかかってしまえばスグにお金を借りることはできませんが、SMBCモビットなら、その心配はいりません。

申し込みやすさなら、大手キャッシングの中でもトップクラスです。

ちなみに、10秒簡易審査は、名前が簡易審査なだけで、実際は本審査のための予備審査のような位置づけですので、適当な名前などを入力してしまうとお金を借りられなくなってしまいますので、しっかりと正しい情報を入力しましょう。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アコム(こちらも有名、最短即日借入+初めてなら30日間無利息)

アコムも消費者金融のキャッシングでは有名なサービスで、三菱UFJフィナンシャルグループですので、安心して借り入れをすることができ、とても人気があります。

審査回答が最短30分となっており、最短即日借入も可能なので、急いでいる方も安心です。

最高金利がプロミスの4.5%と比べ、1.5%も低い3.0%になっていますが、この金利が適用されるには数百万円単位で借入をしないといけないので、金利についてはプロミスやその他のキャッシングとさほど変わらないというのが大半のケースでしょう。

また、プロミス同様に初めてのお金を借りる場合、30日間無利息というサービスがついていますが、プロミスが初回借入日から30日間無利息なのに対して、アコムは契約の翌日から無利息期間のカウントダウンがスタートしますので、借入をしてもしなくても自動的に30日間のカウントダウンが始まってしまうことを覚えておきましょう。

すぐにでも借入をする予定が人はアコムでもいいですが、もしかしたらこの先お金を借りる機会があるかもしれないという人はプロミスにしておいた方が、無利息期間をムダにしないという点でお勧めできます。

アイフル(最短即日借入可能、さらにお急ぎの方は優先的に審査も可能)

アイフルは大手のキャッシングの中では、珍しく銀行の傘下には入らず独自の運営を続けているキャッシングです。

もちろん、有名どころで長く運営している業者ですので安心して利用することが出来ます。

一番の特徴は、ネットで申し込んだ後に、指定のフリーダイヤルに電話をすると優先的に審査をしてくれることがあるので、急いでお金を借りたい方にとって非常に助かるサービスです。

限度額が800万円と非常に大きいので、まとまったお金を借りる必要がある人にも向いています。

レイクALSA(最短60分融資と選択式の無利息サービスが特徴)

レイクALSAは最短60分融資が可能で、プロミス同様、スピード感が非常に魅力的なサービスです。

もう一つの特徴は、無利息サービスを2種類から選択することができるという点です。

「はじめてなら30日間、いくら借りても無利息になるサービス」と、もう一つは「はじめての利用でなおかつ5万円以内なら180日間無利息」というものです。

前者のサービスは他社にも似たようなサービスがありますが、後者はとても珍しいので、長期間にわたって5万円以内の借入返済を繰り返す可能性がある人にはレイクALSAがおすすめです。

消費者金融でお金借りるメリット・デメリット

申込み後、審査が通過したかどうかの結果が返ってくるまでの時間は業者によって異なりますが、例えばプロミスなら最短1時間融資ですので、消費者金融ならかなりスピード感があります。これは銀行にはない大きなメリットです。

自動契約機が夜遅くまで営業しているので、仕事の勤務が終わってからでも間に合うのが有難いです。勤務中の休憩時間等にスマホで申込むということをしておいて、退勤後にダッシュで契約機に向かうという方法もあります。

また、これは業者によりますが、場合によっては、はじめて借入する方なら30日間無利息といったサービスを提供しているところもあります。1ヶ月の内に返済する場合は、1万円借りたら1万円の返済でいいということです。

この辺りは、カードローンの人気ランキングのサイトをチェックするなどして、各社の違いを比較してみましょう。

大まかにいえば、消費者金融は「少額を素早く借りて、素早く返す」という人に最も適したサービスといえるでしょう。

消費者金融のCMにもあるように、計画的に返済できる人でないと1か月を過ぎてしまうこともありますので注意しましょう。

審査については、大手ではブラックの方は借入が難しいかもしれませんが、中小業者なら柔軟に対応してくれる場合もあります。

デメリットとしては金利面では銀行に軍配が上がるという点です。確かに、1か月以内に返すのであれば、無利息サービスの利用なども視野に入るのですが、長期で借りる場合であれば銀行のほうがよいでしょう。

ちなみに、大手消費者金融の一般的な最高金利は18.0%が多いですプロミスだけ若干低いですが、それでも17.8%です。それに対して銀行は13.0%~15.0%の範囲が多い印象です。

延滞利率・遅延損害金になるともう少し利率が高くなってしまいますので、口座引き落としでの返済をしている人は常に口座の残高はチェックして払える用意をしておきましょう。

返済が遅れると、日数が伸びて返済額が増えてしまうだけなく、信用情報に傷がついてしまい、急な出費があってもブラックリストに載ってしまうとお金を借りることが難しくなってしまいます。

少額融資であれば基本的に収入証明書は必要ないですが、一定の金額を超えると収入証明書が必要だということは知識として知っておきましょう。

銀行カードローンでお金を借りるメリットは?

当サイトでは基本て家期には消費者金融をお勧めしていますが、銀行カードローンには消費者金融にはないメリットがあります。例えば、金利水準で言えば銀行カードローンのほうが安い傾向にありますし、安心感もあります。

ただし、銀行カードローンは申し込み手続きや書類のやり取りなどフローが少々面倒で、審査にも時間かかる傾向があります。少々ゆっくりで面倒であっても安心感や低金利を取りたいなら銀行カードローンを選べばいいでしょう。即日融資やシンプルな手続きを希望する場合は、銀行カードローンは避けたほうが良いでしょう。

また、借りられる金額の限度は銀行のほうが多いケースが一般的です。それは総量規制の対象外だからです。総量規制とは、年収の3分の1までしかお金を借りることができないという法律です。金融機関が定めている限度額とは別に、年収の3分の1が限度額となってしまいます。この総量規制は銀行には適用されません。

さらに、銀行の場合は年金をもらっている人や専業主婦でも配偶者貸し付けという制度があったり、消費者金融では借りにくい対象の人でも、受け入れてくれる可能性があるのも利点です(無職だとお金借りるのは難しいでしょう)。

事業やビジネスに関する資金も消費者金融では対応してくれないケースがほとんどですが銀行なら可能なことが多いのもポイントです。個人事業主や法人が仕事のための資金を借りるなら銀行がおすすめです。

まとめると、銀行カードローンのメリットは「安心感・限度額が大きい」、デメリットは「審査に時間がかかる」となります。

大手のサービスを挙げるなら、三井住友銀行やみずほ銀行、りそな銀行などが有名どころといえるでしょう。

審査に関しては少々厳しめなところもありますが、その場合は地方銀行なども視野に入れるといいでしょう。

融資を受ける銀行の口座が必要かどうかは銀行によって異なります。

お金借りる際にはバレにくさも重要

カードを持っていなくていいので、その分だけ家族や身内にバレる可能性が低くなります。借金がバレると問題になるので、その辺りは注意しましょう。カードレスに対応していていないサービスであっても、例えば銀行カードローンなら、普段使っている銀行のキャッシュカードで代用できたりもしますので、そういったサービスを利用するのもリスク回避の手段の一つ言えます。

お金借りるには安定収入が必要不可欠

消費者金融でお金借りる場合、学生でも問題ないですが、安定収入があることが条件になっていることが多いので、アルバイトやパートでもいいので、何でもいいので仕事をしているという状況を作りましょう。クレジットカードの審査を受けるときにもある程度の収入はあったほうがいいので、そういった意味でも何かしらの仕事をしておくことは重要です。

お金は急に必要になるものです。お金が必要になってからアルバイトを始めるのでは、面接などで時間がかかってしまいます。もし、この先お金が必要になるだろうなということが予見できる場合には、その時に困ってしまわぬよう、事前に何かしらの仕事についておけば、急な資金需要に対応できます。

気軽にお金借りることができるが、リスクの自覚を

身分証明書などがあれば、個人でも即日お金借りることができる便利な時代ですので、気軽に利用してしまいがちですが、これは立派な借金であると心得ましょう。

返済が滞ってしまうと、通常よりも高い利息を払うことになり、そのまま返済不能になってしまうことも少なくありません。

借金の内容は人それぞれですが、生活費ならまだしも、ちょっと遊びたい、ちょっと飲みに行きたいといった軽い気持ち・目的で借りたお金を返すことができずに、自己破産に至るケースも少なくありません。

お金を借りるなら金融か友達か

家族や身内、友人にお金借りるのか、判断は難しいところです。友達なしの人なら金融機関に頼るしか方法はありませんが、それぞれのメリットデメリットをご紹介します。

友達にお金借りる場合は、利息などは取られないこともありますが、返済が滞ったりすれば人間関係が破綻することもありますので、これが一番のリスクといえるでしょう。

ただし、これは普段からの信用が不可欠です。自分なら誰からも金を貸してもらえないだろうなという自覚がある人は、金の工面とは関係なく、人間関係はきちんと構築しなおすことが重要です。

一方、金融機関なら、審査は厳しく、必ず金利も取られますが、他人ですので、直接的に人間関係を壊してしまうことはないでしょう。

お金借りる際の審査の流れ

お金借りるには必ず審査があります。基本的には身分証明書・本人確認書類(免許証やパスポート、健康保険証等)などの必要書類を提出して、それをもとに審査が行われ、その後在籍確認が行われます。

※借入金額によっては収入証明書の発行が必要です

在籍確認とは、借入の利用者が本当にその勤務先の会社で仕事をしているのかを確認するためのものです。安定収入がない人に融資をしてしまうと金融機関は貸し倒れになってしまうからです。

在籍確認の方法は、あなたが務めている会社に金融機関から電話がかかってくるのが一般的です。この際、金融機関の担当者は、仮名を使って金融機関の職員であることは内緒で電話をかけてくれることがほとんどですので、職場の人に借金がバレてしまうことはないでしょう。

どうしても電話での連絡が不都合な場合は、サービスによっては別の方法で対応してくれることがありますので、問い合わせてみましょう。

無事、在籍確認が終われば審査完了となり、お金を借りることができます。もちろん振り込みでの融資も可能ですが、急いでいる場合は自動契約機に行くほうがおすすめです。

中小消費者金融まとめ

当サイトでは基本的には大手のキャッシングをお勧めしていますが、何かしらの理由があって中小業者がいいとか、地元の消費者金融を利用したいという人の為に、中小の消費者金融をリストアップしてみました。

大手キャッシングはある程度コンプライアンスもしっかりしていますのである程度安心して利用することができますが、中小業者は情報が少ないので、実態がわからない会社も紛れていることは事実でしょう。

もちろん健全に運営しているサービスが大半だとは思われますが、以下に紹介する業者は必ずしもお勧めというわけではなく、検索キーワードなどから消費者ニーズがありそうな業者をまとめているだけですので、予めご了承ください。

お金を借りる前に、各社の日本貸金業協会会員番号や各都道府県の登録番号などが存在するかどうかも確認しましょう。

※以下の情報は2018年1月初旬のものです。

AZ
AZは京都の業者です。京都にありますが全国どこにお住まいの方でも申し込みが可能です。過去に債務整理をしていても申し込みができますが、お金を借りることができるかどうかは審査次第となります。融資額は1万円~1000万円と幅広く、利率は7.0%~20.0%となっています。
AZの住所・地図
京都市下京区大宮通綾小路下ル綾大宮町50番地 アヤノビル4F
アイアム
アイアムは長崎県の業者のようですが、ホームページに住所が見当たりません。所在地のページに地図はあるのですが、住所の記載がありませんので怪しいと言われても仕方がありません。お金を借りるのはやめておいた方が無難です。融資額は10万円~50万円と少額融資のみとなっており、実質年率は18.0%です。
アイアムの住所・地図
アイク
現在は運営していないようです。
アイクの住所・地図
アクア(公式サイト無し)
詳細不明
アクアの住所・地図
アシスト(闇金)
アシストや闇金業者のようですのでリンクは貼りません。ホームページには自ら「当社は闇金です」と書いており、貸したお金は何としても取り立てるといった旨の記載があります。使わないほうがいいでしょう。
アシストの住所・地図
アロー
アローは愛知県名古屋市のサービスです。用途自由のフリープランなら最短45分で審査が完了し、最大200万円までお金を借りることができます(融資額は審査次第)。実質年率は15.00%~19.94%と一般的な水準といえます。
アローの住所・地図
名古屋市中川区高畑二丁目144番地
いつも
いつもは高知県の業者です。高知の会社ですが、全国どこでも振り込み融資、来店不要で即日融資が可能です。フリーローンの融資可能額は1万円~50万円ですので少額融資をご希望の方向けのサービスです。インターネットバンクの利用で24時間返済が可能になりました。
いつもの住所・地図
高知県高知市杉井流5-18
エイコー(公式サイト無し)
詳細不明
エイコーの住所・地図
エイワ
エイワはタレントの杉本彩さんがイメージキャラクターを務めるサービスです。東北・関東・中部・近畿・中国・九州などに20店舗以上を構え、従業員も200名以上抱えるサービスですので、中小の業者の中では比較的規模の大きいサービスといえます。融資額は1万円~50万円の少額に限定され、返済は毎月同じ金額ですので計算がしやすいのが特徴です。
エイワの住所・地図
神奈川県横浜市西区平沼1-7-12
エース
エースは神奈川県で営業をしている業者で、担保保証人不要で100万円までの借入が可能です。実質年率は7.0%~20.0%です。返済方式は元利均等払いで返済期間は最長5年、返済回数は最長60回です。
エースの住所・地図
神奈川県横浜市保土ヶ谷区岩間町1丁目7番地2
エール(公式サイト無し)
詳細不明
エールの住所・地図
エスト(公式サイト無し)
詳細不明
エストの住所・地図
エニー
エニーは東京都上野区で営業しているサービスです。エニーの1dayダイレクトは1万円~100万円であれば振込での即日融資に対応しています(全国対応)。実質年率は15.0%~20.0%です。フリーローン・ビッグは100万円~300万円の比較的大きな金額の借り入れが可能です。実質年率は12.6%~15.0%です。返済奉仕委はどちらも元利均等返済方式です。
エニーの住所・地図
東京都台東区北上野1-1-12 吉川ビルディング3F
エルモ
詳細不明
エルモの住所・地図
キャネット
キャネットは即日融資、スピード審査のサービスで、取引実績によっては最大300万円までお金を借りることができます。札幌に本社を構え、札幌・旭川・函館・帯広・苫小牧などに支店があります。
キャネットの住所・地図
札幌市中央区大通西5丁目8番地 昭和ビル5F

ギルド
ホームページは存在しますが、融資に関する情報の記載がありませんので、現在でもサービスとして営業しているのかは不明です。
ギルドの住所・地図
大阪府大阪市淀川区西中島5丁目7番11号
グローバル(公式サイト無し)
詳細不明
グローバルの住所・地図
スカイオフィス
スカイオフィスは福岡で営業している業者です。担保保証人不要で1万円から50万円までの少額融資を行っているサービスです。元利均等方式の返済方式を採用しており、返済回数最長60回、返済期間は5年以内となっています。実質年率は15.0%~20.0%です。
スカイオフィスの住所・地図
福岡市博多区博多駅前3丁目19-14 BSビル博多2F D号室
スペース
スペースは大阪の消費者金融です。平日・土曜日は19時まで融資が可能で、他社の業者の一般的な営業時間と比べると若干長いのが特徴です。無担保で最大500万円までのお金を借りることができ、最長12年、144回払いでの返済が可能です。
スペースの住所・地図
大阪府堺市堺区中瓦町2-1-15 エスト瓦町ビル3F
スマイル(公式サイト無し)
詳細不明
スマイルの住所・地図
セイコー(公式サイト無し)
詳細不明
セイコーの住所・地図
セレクト(公式サイト無し)
詳細不明
セレクトの住所・地図
センチュリー(公式サイト無し)
詳細不明
センチュリーの住所・地図
セントラル
セントラルは愛媛県に本社を置くサービスです。東京・神奈川・埼玉・岡山・愛媛・香川・高知などに店舗を構え、中小消費者金融の中では比較的規模の大きな業者といえます。全国のセブン銀行ATMで利用できるので利便性は高そうです。1万円の少額融資から300万円の大口融資まで対応しており、実質年率は4.80%~18.00%、来店不要の即日振込が可能なサービスです。女性用のキャッシングもあり、大手の消費者金融と似たようなサービスを展開しています。
セントラルの住所・地図
愛媛県松山市河原町9-2 クロカワビル2F
ナイス(公式サイト無し)
詳細不明
ナイスの住所・地図
ネクスト(公式サイト無し)
詳細不明
ネクストの住所・地図
ハローハッピー
ハローハッピーは大阪の業者で担保不要で最大50万円までお金を借りることができます。50万円という少額融資ながら最大48回にわたっての返済が可能です。返済方式は元利均等方式、元金均等返済方式を採用しており、実質年率は10.0%~18.0%です。
ハローハッピーの住所・地図
大阪市浪速区難波中3丁目8番22号 新川清水ビル302号
ピース(公式サイト無し)
詳細不明
ピースの住所・地図
ビートル(公式サイト無し)
詳細不明
ビートルの住所・地図
フィールズ(公式サイト無し)
詳細不明
フィールズの住所・地図
フクホー
フクホーは大阪難波に店舗を構える消費者サービスです。フリーキャッシングは5~10万円未満で上限金利20.0%、10~100万円未満で上限金利18.0%、100~200万円で上限金利15.0%です。下限金利はどの融資額でも7.30%です。元金自由返済方式、元利均等返済方式を返済方式として採用しており、借り入れから5年以内、返済回数60回以内というのが返済のルールです。20歳以上の安定的な収入があることが貸付条件です(最終的な可否は審査次第)。借り換えにも対応しており、借り換えの場合は最長10年以内、120回以内に返済することがルールです。
フクホーの住所・地図
大阪府大阪市浪速区難波中3丁目9番5号 フクホービル1F
フタバ
フタバは東京都千代田区のサービスです。担保保証人不要でお金を借りることができ、実質年率14.959%~17.950%です。融資額は10万円~50万円で、下限が10万円ですので数千円、数万円といった少額を借りたい方には向かないでしょう。返済は元利均等方式で6年以内、最長72回に分けての返済が可能です。
フタバの住所・地図
東京都千代田区岩本町3-2-10
プライム(公式サイト無し)
詳細不明
プライムの住所・地図
プラス
プラスは和歌山の業者で、大阪と和歌山限定でのサービス提供となっているようです。保証人・担保不要で1~200万円まで振込融資可能です。実質年率は4.2~18.0%、遅延利率は20.0%です。パートや主婦の方でも相談可能とのことです。
プラスの住所・地図
和歌山県和歌山市本町4丁目11
マルフク
マルフクはかつて大阪で営業していたサービスだそうですが、現在は廃業しているようです。
マルフクの住所・地図
ヤマト(公式サイト無し)
詳細不明
ヤマトの住所・地図
ライク(公式サイト無し)
詳細不明
ライクの住所・地図
ライフ(公式サイト無し)
詳細不明
ライフの住所・地図
ライフティ
ライフティは東京新宿に本社を置く気業者で、1000円からお金を借りることができ、最大500万円までの借り入れが可能です。実質年率は8.0%~20.0%で、初めてお金を借りる方なら最大35日間無利息になるサービスもあります。ホームページでは0.3秒で借入診断ができ、返済のシミュレーションも簡単に行うことができます。
ライフティの住所・地図
東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル5F
ライム(公式サイト無し)
詳細不明
ライムの住所・地図
ラビット(公式サイト無し)
詳細不明
ラビットの住所・地図
リブラ(公式サイト無し)
詳細不明
リブラの住所・地図
レタス(公式サイト無し)
詳細不明
レタスの住所・地図
ワールド(公式サイト無し)
詳細不明
ワールドの住所・地図
ワイド(公式サイト無し)
詳細不明
ワイドの住所・地図
中央リテール
中央リテールはおまとめローンのサービスを提供している業者で、東京渋谷区に本社を構えるサービスです。審査まで最短2時間、融資までは最短1日、窓口の担当者は全て国家資格を取得した者のみだそうです。
中央リテールの住所・地図
東京都渋谷区道玄坂2-25-7-6F