「アコム」でお金借りる即日OK?審査や金利、返済等

アコムは大手消費者金融業者として知られる消費者金融です。テレビのCMや電車の車内広告でもお馴染みの会社でしょう。契約機を使って申込からカード受け取り、融資までの作業を連続してすべて行うことが可能になっています。

自動契約機は午前8時から午後10時まで利用可能ですが、初めての利用の場合には審査が必要ですので午後8時までには契約機のところに行きましょう。音声ガイダンスに従ってタッチパネルの操作だけで契約まで可能です。審査は非常に早く、最短で30分程度で回答を得ることができます。

そのままカード発行まで実行すれば即日で融資を受けられます。大手の消費者金融業者ですので、他社からの借入件数が多かったり、遅延や延滞が多かったりする場合には審査は通過できません。また、総量規制によって年収の3分の1以上の融資はできないので注意しましょう。

利用限度額50万円を超える申込では収入証明書の提示が必要になります。また、他社との合計の利用額が100万円以上になっても収入証明書がないと審査できないので注意しましょう。

「アコム」でお金を借りる際の金利

アコムでは公式サイトで貸付の利率を明示しています。契約額が1万円から99万円までは年率7.7%から18%、100万円から300万円までは年率7.7%から15%となっています。最高の融資額である800万円で契約すると年率3%から4.7%までが適用されます。初回利用では30日間金利がゼロになるというサービスを提供しているので、利用してみましょう。

アコムは提示されてい最低の金利が非常に低い業者です。この金利が適用されるのは、個人の属性が非常に高いか、または利用実績がある場合で、契約初回から最低金利が適用されることはほとんどありません。一般的な消費者に多い50万円の契約であれば、ほとんどの場合で年率18%が適用されると考えていいでしょう。利息の額は、借入残高に利率を掛けて365日で割って日割り額を算出し、それに利用日数を掛けた額となります。年率18%で1万円を借入したとき、30日後の利息は147円となります。

「アコム」でお金を借りた際の返済について

アコムでは、毎月指定した期日に返済する方法と、35日ごとに返済する方法の2種類から選択できます。35日ごとの返済と毎月返済ではたった5日程度しか変わりませんが、利用の仕方次第で35日ごとのほうが返済しやすいケースもあります。

指定期日の返済の場合には毎月その日に返済することが決まっていますが、35日ごとの返済では返済日と次の返済日の間隔が35日以内なら、いつでも返済できるというメリットがあります。返済計画は立てにくいというデメリットがあるので、自分はどちらが向いているのか考えて選択しましょう。(2018年現在)