消費者金融「アロー」の口コミや在籍確認、必要書類など

名古屋市に本社を置く消費者金融のアローは、中小の消費者金融業者ですが、柔軟な審査とネット申込に特化していることで知られる会社です。 個人向けのローンや借換ローンなどの商品の取扱がありますが、すべてネットで申込するという会社で、全国から申込可能です。審査はパソコンやスマートフォンを使って申込画面から必要事項を入力し、書類をFAXで送信して行われます。申込をすると担当者から内容確認の連絡があります。その後は最短45分で電話またはメールで審査の結果が通知されます。 具体的に何をどう審査しているかは極秘事項ですので、利用者からの口コミ情報を総合して判断するしかありませんが、それによるとアローの審査は何段階かに分かれていて、申込があるとすぐに独自の審査に取り掛かると考えられています。内容確認の電話で身分証明書や給与明細などの書類をFAXで送付しますが、ここで出される書類に問題がなければ審査が否決されることは非常に珍しいと言われています。 内容確認の前にすでにほとんどの審査は終了していると考えられます。電話連絡での問い合わせに回答した内容も審査対象となっていると言われており、書類を提出して会社などへの在籍確認があったら、ほとんどの場合で審査には通過しています。

「アロー」でお金を借りる際の金利

アローでの融資では、ほとんど場合で法定金利の上限の金利が適用されます。公式サイトによると、貸付金額が5万円から10万円未満では15%から19.94%、10万円から100万円未満では15%から18%とされています。下限金利が他の消費者金融に比較すると高めの設定になっている特徴があります。 下限金利が適用されるというケースは、どの消費者金融でもまれですが、下限金利が低ければ利用実績による金利の引き下げに期待ができますから、アローはそういった意味で高金利の業者と言っていいでしょう。

「アロー」でお金を借りた際の返済について

アローの利用で気をつけたいのは、大手の業者や銀行などとは違って、カードが発行されないという点です。借入では申込のときに届け出た銀行口座への振込で、返済でも指定された金融機関の口座への振込か口座振込、または店頭での手渡しになります。 指定のATMからの振込にする利用者が多いと言われています。自動引き落としサービスもないので注意しましょう。返済方式は利用額に応じて最低返済額が決まる残高スライドリボルビング方式です。利用額が10万円までなら4000円、15万円までなら6000円というように最低返済額が決まっています。 クレジットカードのショッピングなどで利用されるリボ払いと同様と考えれば良いでしょう。毎月の返済額は他の業者に比較すると低めに設定されています。(2018年現在)

Q:契約をする際に保証人は必要ですか?

アローのキャッシングプランであるフリープラン(使途自由フリーローン)では、原則保証人は不要です。担保も原則必要なしとなります。これは、大手のカードローン会社であるアイフルやプロミス、アコムなどと同様です。また特別な紹介が必要となることもありませんので、ご安心ください。フリープランであれば、利用の目的も自由となります。

Q:申し込みに何か条件はありますか?

消費者金融アローでは、いくつかの申込条件がありますのでご説明します。年齢は24歳以下及び66歳以上の人は契約ができません。実際、多くのカードローン会社では20歳くらいになれば申し込みできる中、アローでは申し込み段階で難しくなります。また、アルバイトや派遣社員の方でも申し込むことはできますが、健康保険が未加入で保険証が無い方や、勤続年数が1年未満の方は契約できないので気をつけましょう。自営業を営む方では、別で確定申告等の年収証明書を必ず提出しなければなりません。総量規制の関係上、貸金業者からの借り入れが個人の年収の3分の1を超えてしまうと、審査を通過する可能性が0%に近くなってしまうので気を付けましょう。

Q:消費者金融アローを利用するメリットは何ですか?

アローのメリットは、いわゆる「ブラック」と言われる自己破産や債務整理を経験した人にも柔軟に対応してくれるところです。アローでは、過去の借金などの状況よりも、現在の収入状況に応じて審査を行ってくれます。もちろん現在でも他社での借入れがあり、総量規制以上の借り入れはアローでも難しいでしょう。しかし、現在安定した年収があり、信用情報も良い状態で返済能力があると判断されれば、審査を通る可能性があります。この点が、アローの審査は甘いと言われている理由でもあります。カードローン会社のランキングで上位にくるような大手のカードローン会社で審査に通らなかった方や、審査自体に不安がある方でも、借入先がないという問題を解決できる可能性があるので、一度相談してみるとよいでしょう。緊急に金が必要な時にオススメの業者です。

Q:消費者金融アローを利用するデメリットは何ですか?

アローのデメリットは、レイクやSMBCモビットなど大手のカードローン会社より下限金利が高く設定されているところです。現在の収入状況を重視した独自の審査を行っていることから、そのリスク分として金利が高いことは仕方がないとも言える部分です。長期での利用では利息がかさんでしまう恐れもあるので、計画的に利用し、早期での完済を目指しましょう。金利が高いと言っても、いわゆる街の金融、闇金と言われる業者とは一線を画す業者ですのでご安心ください。

Q:消費者金融アローにはおまとめローンはありますか?

アローにもいわゆる「おまとめローン」、貸金業法に基づく借換ローンがあります。アローの借換ローンの概要を解説すると、融資額の限度は200万円まで、貸付利率は15%~19.94%(実質年率)です。返済方式は元利均等返済の方式を取っており、いわゆる分割での返済をイメージするとわかりやすいでしょう。担保・保証人などの条件は原則不要で、借換え対象債務以上の担保・保証人設定はありません。複数の他社でのローンがある人には、毎月の返済額を軽減することができるので申し込みをおすすめします。返済回数については担当者と詳細を相談して決めることができ、最長は180回で、期間としては15年以内になります。事前に返済のシミュレーションを行ってから決めていきましょう。但し貸金業者からの借換債務となるので、例えば楽天銀行カードやみずほ銀行カードなどのショッピング枠での債務は、対象外となるので気をつけましょう。

Q:早くお金を借りるために何かコツはありますか?

消費者金融アローの審査は、まず申し込みフォームの記載事項に基づいて審査の手続きが開始されます。この審査のスピードは早いもので、最短ですと約45分で終了します。この後に必要書類をFAXかアローのサイトの専用フォームからインターネットを通じて送信するので、事前に「本人確認書類」や「年収を確認できる書類」を用意していると、スムーズに借り入れをすることができます。また、アローでは借入れをアローの店舗への来店、もしくは銀行振込で行います。店舗の営業時間が平日の9:30~18:00、銀行の対応時間が平日の15:00までで土日や祝日での対応がないので、平日の午前中までに申し込みを終えていると、より早めの借り入れが可能となります。

Q:お金を借りるときは電話での連絡しかできないでしょうか?

アローの借り入れは主に銀行振込で行われますが、電話以外でもネットで振込みを依頼する方法があります。webでの振込予約は7:00~24:00とアローの営業時間以外のでも行うことができます。アローのサイトには会員専用のページがありますので、そこから予約することが可能です。会員専用ページでは、振込予約以外にも追加融資の申込であったり、直近3ヶ月分の明細に限り確認することができます。

Q:追加での融資はできますか?

新規で申し込んだ金額では間に合わず、さらに追加での借入れをしたいときには、限度額内での融資が可能です。気をつけたい点としては、追加での融資になると再度審査が行われることです。そのため、場合によっては追加での融資が通らない場合もあります。できれば、月々の返済を延滞することなく完了し、6ヶ月ほどの返済実績を積んだ後にするのがよいでしょう。

消費者金融アローの基本情報

協会員番号 005786
貸金業者登録番号 愛知県知事(3)第04195号
商号・名称 株式会社アロー
本店住所 愛知県名古屋市中川区高畑2-144 高畑KMビル5階
電話番号 052-353-9900

引用|日本貸金業協会の会員検索ページ